石鍋商店の栗蒸し羊羹

前回に続いて石鍋商店のお菓子をご紹介いたします。

頂いたメールに「酒まんじゅう」を作られているとのことでしたので、

楽しみにしていたのですが、早い時間に売り切れたそうです。

そこでもう一つ気になったのが「栗蒸し羊羹・狐火の街」です。

「わがしどき vol.1」の中で掲載した、静岡伊東・伊豆柏屋の「栗蒸し羊羹」の

記事を興味深く読んで頂いたようです。

味わいは素材の風味が活きていて(栗もたっぷり入っていて)、

尚かつ口当たりがさっぱりとしてる栗蒸し羊羹でした。

このところ良い(個人的に好みの)蒸し羊羹と出会っているなあ、と感じています。

まだまだ勉強不足です。


石鍋商店のくず餅

「わがしどき vol.1」を読んだと、メールを頂きました。

(こんな時ほど制作して良かったと思えるのです)

そのひとつひとつのお言葉が嬉しく、有難く思いながら

お名前をみるとご自身が和菓子店を営まれているのが判り、

直ぐに検索してみました。

それが王子にある創業明治20年の「石鍋商店」でした。

 

本格的な「久寿餅」と自家製寒天を使った「あんみつ」が食べたくて

出掛けて行きました。

丁度石鍋社長もおられ、色々な興味深いお話しを沢山聞くことが出来ました。

関東で言う「くず餅」は、小麦粉に食塩水を加え良く練り粘りけでたら、

布に入れ水中で絞るとデンプンが流出する(残ったものがグルテンで麩の原料となる)。

このデンプンを乳酸発酵させて作るのが関東の「久寿餅」です。

石鍋商店では約2年の間寝かせるとのことです。

この久寿餅は他とちょっと違う独特な風味があり、きな粉・黒蜜と良く合って

とても美味しく頂きました。

寒天もテングサの優しい風味が感じられ、当店のオリジナリティーを感じるあんみつでした。

どちらもシンプルなんですが素材の旨みを上手く引き出した逸品だと思います。

王子には関東の稲荷神社の総本山である王子稲荷神社があり、大晦日には関東一円の

狐が詣でると言い伝えられている。大晦日に狐に扮装した人が町内を練り歩く

「狐の行列」が有名(当店のサイトより抜粋)

王子には何度か来ていましたが、初めて知る情報でした。

石鍋商店の袋に狐が描かれているのも納得です。

 


七里香(ななりか)の和菓子

本屋である雑誌をパラパラとめくっていたら、

(今回は買わずに見ただけでした。申し訳ありません)

今回訪れた「七里香」が掲載されていました。

これが何となくそそられる雰囲気があり(個人的に)、

絶対行ってみようとチェックしていました。

早稲田の杜を横に見て進むと、シンプルでお洒落な

お店が見えてきます。

「七里香」とはジンチョウゲの別名だそうで、

デザインされたロゴマークが印象的に目に入ってきます。

店内に入ると、すっきりとしたレイアウトで

お菓子がよく映えていました。

お目当ての豆大福は売り切れていましたが、美味しそうな

お菓子をチョイスしました。

どら焼きは定番のどら焼きとロースト小麦胚芽どら焼きを。

個人的には胚芽どら焼きの香ばしさが気に入ってしまいました。

餡にはバターが練り込まれています

あまおうを使った苺大福。こちらも美味しく頂きましたが、やはり個人的には

別々に食べたいと思ってしまうのです。すみません。

七里香餅は鬼胡桃を入れた餅と粒あん、麦こがしをまぶした上品な味わいでした。

ミニシューのような形の最中。これを最中と呼んだ新しい感覚も面白く、

パクッといってしまいました。

近くにあったら嬉しい和菓子店です。他のお菓子も機会を見つけて食べに来ることにします。


桔梗信玄棒

山梨の桔梗信玄餅関連の商品については、ここでも何度か

ご紹介してきました。

黒糖(黒蜜)ときな粉の風味が効いた商品というだけで、

「桔梗信玄餅」関連商品とイメージさせることが出来るなんて

本当にパワフルな商品だと思っています。

今回頂いたのは「桔梗信玄棒」で、生地にきな粉を練り込み

黒蜜を染みこませたお菓子です。これがパクパクといってしまうのです。

何とも言いようのないバランスです。

大人気の熊本・フジバンビの「黒糖ドーナツ棒」を彷彿させる形状ですが、

どちらもそれぞれの特徴があっていいのです。このように書いていたら

「黒糖ドーナツ棒」が無性に食べたくなってきました。

それにしても「桔梗信玄餅」関連の商品はどこまで広がって行くのか、

これからも注目していきます。

 


柴舟

「柴舟」と聞いただけで、生姜が効いた砂糖衣を羽織った

少し反り返った煎餅を思い浮かべる人が多いと思います。

金沢を代表する銘菓の一つですが、久々に頂けて嬉しい気分となりました。

(これも「月よみ山路」と合わせて頂いたものです)

 

「柴舟」は朝靄の中を進んでゆく、柴を積んだ舟を模したお菓子です。

駄菓子感覚で江戸時代から何軒ものお店が色々な形で作っていたものを、

大正十一年創業の「柴舟 小出」が現在のような上品なお菓子に

変貌させたと伝えられています。

薄く塗られた砂糖衣ですが、しっかりと生姜の風味が広がる

生姜好きにはたまらない逸品です。番茶で気軽に楽しむことも、

お茶席の干菓子として頂くことも出来ます。


月よみ山路

一緒に篠笛を習っている和菓子好きのメンバーから、

石川県小松市の松葉屋「月よみ山路」という栗蒸し羊羹を頂きました。

「わがしどき vol.1」の中で「竹皮を使った栗蒸し羊羹」を取り上げたことから、

「これも美味しいから食べてみて」ということで。

1852年創業。初代が羊羹を売り出したことから、その長い歴史が始まります。

この栗蒸し羊羹も一時途絶えていた時期もあったようですが、

古い資料を基に再現されてから40年以上経ち地域を代表する銘菓となっています。

 

一口食べてみると何ともさっぱりとした、後味のスッキリとした蒸し羊羹でした。

栗が丸ごとたっぷりはいっているのですが、その栗もまったく雑味がなく

羊羹とのバランスがとても良い逸品です。

初めて食べた(たぶん)羊羹でしたが、まだまだ知らない良質のお菓子が

沢山あることを思い知らされる瞬間でもあります。


明治チョコレート

現在NHKで放送中の朝の連続テレビ小説「まんぷく」では、

日本で初めてインスタントラーメンを作った日清食品の

創始者夫妻がモデルになっています。

その影響で「チキンラーメン」が大変売れているようです。

(学生時代は何度インスタントラーメンで命を繋いだことか、

なんてことを思い浮かべながら観ています)

 

ロングセラー商品をチョコレートの分野で見てみると、

個人的に普段よく食べている「ロッテガーナミルク」や

「明治ミルクチョコレート」が直ぐに思い浮かびます。

それらの商品は今でも、棚の真ん中で目を引く存在でもあります。

今回気になったのが「明治ミルクチョコレート」のパッケージです。

「あなたはどれが好き?#ミルチ投稿キャンペーン」

基本デザインに色々なイラストが描かれている、面白い企画です。

ロングセラー商品にこそしっかりお金を掛けていくことが

重要なんだと思います。もちろんチョコレートも美味しく頂きました。

個人的には、猫が描かれたデザインが好きです。(写真はありません)

 

余談ですが、最近ガーナローストミルクにはまっています

 

 


プラリベルのフレークトリュフ

先日、今習っている篠笛の練習場所である渋谷区長谷戸社会教育館で

その館を利用しているグループの発表会があり、私たちも出演しました。

楽しい時間だったのですが、個人的には「来年こそは頑張ろう」と

思ってしまう情けない結果でした(毎年のことです)。

慰労も兼ねリーダーからプラリベルのチョコレートを頂きました。

ビターとミルクのフレークトリュフチョコで、最近高級チョコを

食べていなかったので、ちょっとリッチな気分を味わいました。

プラリベルはベルギーの比較的若いチョコレートブランドです。

といっても創業は1994年、25年経っているのですがベルギーでは

老舗と呼ばれるお店が沢山あるので、まだまだひよっこかもしれません。

バレンタインも一時の勢いからは少し下がったかもしれませんが、

それでもまだまだ大きな需要を抱えています。

ただ美味しい高級路線から少し見た目を重視し・企画を織り込んだ

商品が増えてきている感じがしています。

 

 


北斎茶房

錦糸町に出掛けたとき、もう一軒知らなかったお店に寄りました。

「北斎茶房」、サイトで見て甘味処としてあんみつや氷などの

メニュー写真が実に美味しそうでちょっと遠回りしてみようかと

思い立ったしだいです。

お店の前に行くと、間口の広いガラス戸に白いのれんが印象的でした。

入って食べてみたかったのですが、その日色々お菓子を食べる予定が

入っていたので(自分で勝手に入れているのですが・・)、店頭で

どら焼きと杏大福を買いました。

どら焼きが美味しそうだったので、その後のことも考えず直ぐに

食べてみることにしました。(それならお店に入ってもよかったのでは?)

生地がしっとりしていて、餡も上品な甘さで思っていた以上に好みでした。

(スミマセン写真は撮れていません)

他のお店で色々お菓子を買って、家に戻ってから杏大福を頂きました。

杏の酸味も効いた美味しい大福でした。

写真から想像したのはもっと大胆な味のお店でしたが、実際食べると

思っていた以上に繊細な味でした。次に行った時は甘味を食べてみます。


富士山2019

2019年最初の富士山ブレイクです。

昨年暮れにとんぼ返りした際には、残念ながら富士山に

雲がかかっていてその姿を見ることが出来ませんでした。

テレビより友が送ってくれる写真が、故郷をより意識させてくれます。

(きっと富士山を見る位置・角度なんだと思います)

富士川・駿河湾・お茶・みかん・黒はんぺん・茹で落花生・桜エビ

しらす・・・・・などなど、静岡(富士市中心ですが)名物は

数々あれど、やはり富士山は別格なのかもしれません。

(個人的には食べ物も嬉しいのです。今回も茹で落花生を

山のように食べて帰ってきました)

 

写真は1月10日の富士山です。そしてもう2月、梅は咲き、早咲きの桜の蕾が

膨らんでいるのを代々木公園で見つけました。春はもう隣まで来ています。

 



calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< March 2020 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM