逸口香(いっこっこう)

先輩がもう一品送ってくれました。

それが佐賀県佐賀市のあけぼの菓子舗の「逸口香=いっこっこう」です。

江戸時代に中国から伝わった焼き菓子で、クッキーの様なサクッとした生地で

中は抹茶風味の生姜が効いた水飴が入っています。

(長崎に一口香というお菓子、愛媛宇和島の唐饅頭が同じ流れを踏んでいます。

中国から伝わったと書きましたが、地域的にポルトガル人やスペイン人が伝えた

という説もあり、海の向こうから伝わったという意味もあるようです)

 

歴史に詳しい先輩の受け売りですが、長崎出島に荷揚げされた砂糖が佐賀から小倉に至る

長崎街道を通り、大阪京都さらには江戸へ運ばれました。兎に角貴重だった砂糖故か、

この長崎街道のことを「砂糖の道=シュガーロード」と呼んだそうです。

お菓子を作る時感じるのですが、使う砂糖の量は大変なもので、それを確保出来たからこそ

江戸時代において現代に繋がる菓子文化が芽生えたとも言えます。

長崎から佐賀、興味深い所なので是非また行って見たいのですが、今は・・・・・・・。

 


コメント
コメントする








   

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< June 2020 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM