安倍川もち

「わがしどき vol.1」の中で「松風堂小まんぢゅう」というお饅頭を

紹介しています。静岡県富士川町(今は富士市に変わっています)

生まれ故郷の、物心ついたころから食べていたお菓子でした。

(今この時間も食べていたいお饅頭です)

そしてもう一つ、「きな粉のお菓子大好き」と思わせてくれた最初のお菓子が、

この「やまだいちの安倍川もち」だと思います。

(いつもいつも申し訳ありません。多分です)

 

静岡県には日本三大急流と言われた「富士川」

越すに越せない「大井川」

正に竜が天に昇るようだと言われた「天竜川」があり、

そしてほぼ中央を分けるように流れるのが「安倍川」となります。

この安倍川の近くの茶屋で徳川家康が食し、絶賛したのが「安倍川もち」とのこと。

安倍川上流で取れた砂金を模したきな粉餅、江戸時代まだ貴重だった砂糖を少しまぶしたのが

街道の評判を呼び、大人気になったと言われています。

(きな粉に砂糖をまぜてしまうと、時間と供に水分を吸収してべっとりしていまいます。

そこで餅をきな粉で被い、上から砂糖を少し振ったのが良かったようです)

 

一時期姿を消していたのを「やまだいち」が戦後に復活させたそうです。

同じ静岡といっても少し離れているので、駅で買えるお土産的なお菓子だったかもしれません。

一口サイズのこしあんのお餅(2個)ときな粉(3個)のお餅が並んでいて、

小腹が空いているとき丁度良いサイズなんです。今も変わらない、嬉しいおいしさです。

アップが遅くなってしまったのですが、これは郷里の先輩が送ってくれたクリスマスプレゼントでした。

 

 


関連する記事
コメント
コメントする








   

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM