薄氷とけんけら

先輩が送ってくれた今回のお土産は、

富山県小矢部市・五郎丸屋の「薄氷」と

福井県大野市・亀寿堂の「けんけら」です。

(簡単に書いていますが、これを頂いた時

スーッと気持ちが落ち着いていく感じがありました。

ゆっくりとじっくりと味わう、そんな時間が時に

とても大切だと思っています。いつものことながら

先輩に感謝感謝です)

 

「薄氷」は宝暦二年(1752年)創製されたとされますから、

とんでもなく古くから愛されてきたお菓子です。

一子相伝の秘法で作り続けてきただけでも、とんでもない話です。

越中米の薄い煎餅一枚一枚に和三盆の糖蜜を塗り乾かしていきます。

雪が消えかかる春先に田に張った氷を踏みしめると、ヒビが入り

割れていく様を模しています。口に入れるとまるで氷が溶けるように

消えていく、上品な甘さだけを残して・・・。

(知らぬ間に食べ尽くしてしまい、慌てて最後の一枚を撮ったので

構図がおかしくなってしまいました)

 

「けんけら」は大豆を煎って粉にし、水飴で固めています。

亀寿堂の「けんけら」はゴマの風味も重なって、個人的に

大好きなテイストになっています。

「けんけら」とは大野市で700年も前から作られてきたとも言われ、

名前の由来は「律径羅」という僧の名前とも、「賢家来」だとも言われる。

(お菓子の名前の由来などで色々な説があることも大いのですが、

いつも面白いなあと感じるています)

けんけらを作っているお店が数軒あり、また食べ比べてみたいと思っています。


関連する記事
コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< April 2020 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM