博多通りもん・明月堂

福岡・博多というより今や九州を代表する銘菓となりました。

「明月堂・博多通りもん」。分類としては乳菓という

焼き饅頭のカテゴリに入りますが、既に「通りもん」という

分野を作ってしまったようなイメージすらあります。

食べるのは実に久しぶりになりました。パッケージデザインが

変わったのも知らなかったのですが(随分前に変わっていたのでしょうね)、

味は変わっていなかったと思います(当てになりませんが)。

口当たりは実にしっとりしていて、白餡の滑らかさに練乳などの乳製品の

風味がフワッと広がります。個人的にはその風味を少し強めに感じますが、

生地と餡のバランスが良いお饅頭であり、全国の人に受け入れられていることを

現在の実績が物語っています。

1993年誕生とありますから、既に25年が経とうとしています。

そう言えば当時「九州に凄く売れている饅頭があるようだ」と、

かなり噂になったことを記憶しています。

そこから一大銘菓に育て上げ今も継続していることに、唯々感服してしまいます。


関連する記事
コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM