七里香(ななりか)の和菓子

本屋である雑誌をパラパラとめくっていたら、

(今回は買わずに見ただけでした。申し訳ありません)

今回訪れた「七里香」が掲載されていました。

これが何となくそそられる雰囲気があり(個人的に)、

絶対行ってみようとチェックしていました。

早稲田の杜を横に見て進むと、シンプルでお洒落な

お店が見えてきます。

「七里香」とはジンチョウゲの別名だそうで、

デザインされたロゴマークが印象的に目に入ってきます。

店内に入ると、すっきりとしたレイアウトで

お菓子がよく映えていました。

お目当ての豆大福は売り切れていましたが、美味しそうな

お菓子をチョイスしました。

どら焼きは定番のどら焼きとロースト小麦胚芽どら焼きを。

個人的には胚芽どら焼きの香ばしさが気に入ってしまいました。

餡にはバターが練り込まれています

あまおうを使った苺大福。こちらも美味しく頂きましたが、やはり個人的には

別々に食べたいと思ってしまうのです。すみません。

七里香餅は鬼胡桃を入れた餅と粒あん、麦こがしをまぶした上品な味わいでした。

ミニシューのような形の最中。これを最中と呼んだ新しい感覚も面白く、

パクッといってしまいました。

近くにあったら嬉しい和菓子店です。他のお菓子も機会を見つけて食べに来ることにします。


関連する記事
コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM