柴舟

「柴舟」と聞いただけで、生姜が効いた砂糖衣を羽織った

少し反り返った煎餅を思い浮かべる人が多いと思います。

金沢を代表する銘菓の一つですが、久々に頂けて嬉しい気分となりました。

(これも「月よみ山路」と合わせて頂いたものです)

 

「柴舟」は朝靄の中を進んでゆく、柴を積んだ舟を模したお菓子です。

駄菓子感覚で江戸時代から何軒ものお店が色々な形で作っていたものを、

大正十一年創業の「柴舟 小出」が現在のような上品なお菓子に

変貌させたと伝えられています。

薄く塗られた砂糖衣ですが、しっかりと生姜の風味が広がる

生姜好きにはたまらない逸品です。番茶で気軽に楽しむことも、

お茶席の干菓子として頂くことも出来ます。


関連する記事
コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM