月よみ山路

一緒に篠笛を習っている和菓子好きのメンバーから、

石川県小松市の松葉屋「月よみ山路」という栗蒸し羊羹を頂きました。

「わがしどき vol.1」の中で「竹皮を使った栗蒸し羊羹」を取り上げたことから、

「これも美味しいから食べてみて」ということで。

1852年創業。初代が羊羹を売り出したことから、その長い歴史が始まります。

この栗蒸し羊羹も一時途絶えていた時期もあったようですが、

古い資料を基に再現されてから40年以上経ち地域を代表する銘菓となっています。

 

一口食べてみると何ともさっぱりとした、後味のスッキリとした蒸し羊羹でした。

栗が丸ごとたっぷりはいっているのですが、その栗もまったく雑味がなく

羊羹とのバランスがとても良い逸品です。

初めて食べた(たぶん)羊羹でしたが、まだまだ知らない良質のお菓子が

沢山あることを思い知らされる瞬間でもあります。


関連する記事
コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< March 2020 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM