西村のどら焼き

浅草には和菓子の名店が沢山あります。

「わがしどき vol.1」でも取材させて頂きましたが、

雷門の前の通りを挟んだところにある「甘味処西山」。

その横にどら焼きで有名な「亀十」があり、

さらにその隣に今回の「龍昇亭西むら」があります。

創業は安政元年(1854年)といいますから、

激動の明治維新もしっかりと暖簾に染みこんでいるはずです。

160年続いてきたことだけでも、凄いことだといつも思います。

有名なお菓子もいろいろあるのですが、今日食べたかったのは「どら焼き」です。

「どら焼き」と言えば、今「亀十」を挙げる人も多く、

今回も列になっていました。確かに大振りでパンチもあって、

他とちょっと違う印象もあります。

(個人的には以前に比べると優しくなった感じを持っていますが)

「西むら」のどら焼きは比較的オーソドックスな形だと思います。

それでも生地と餡のバランスが丁度よいと思います。もう一つ食べたいなと

思わせるどら焼きでした。

二つのお店のどら焼きを、食べ比べてみるのが面白いかもしれません。

「西山の福々まんじゅう」もお忘れ無く。


コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< April 2020 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM