バレンタインデーのチョコ

2月14日はバレンタインデーです。

でもバレンタインは大分様変わりしてきたようで、

本命だ義理だと言って盛り上がることは

減っているのかもしれません。

(ちょっと古い感覚さえ有りますね)

それでも「サロンドゥショコラ」を始め、

チョコレートのイベントとして捉えると

まだまだ凄いことになっています。

本当に美味しい(自分好みという意味で)チョコレートを

少し奮発して楽しんでみる、何かいいですよね。

 

仕事以外ではほとんど縁の無かったバレンタイン。

今年は同じ時期に色々チョコレートを頂きました。

(モテキ!?・・・ないないない、と一人で突っ込みますが)

テオブロマのオランジェット

間違いなく美味しいですよね。オレンジの皮の苦みにチョコレートは

本当に良く合うと思うのです。

ローエンシュタイン(ドイツ)のジャーマンビール

ビールを使用したトリュフ。お酒が効いたお菓子を余り食べないので

このトリュフも初めての経験でした。チョコレートが溶けていくにつれ

香りが立ってくる、そんなトリュフです。大人の時間を堪能(?)。

チョコレート・オルガニコ(スペイン) マサラ

カルダモンやシナモンの香辛料の風味が広がるチョコレート。

好き嫌いが出やすいですが、個人的にはとても好みの味でした。

今は香辛料が面白いと思っています。

オレンジ色がOrange&Pepper

ブルーがSolt from Ibiza

 

Branson's Chocolates(アメリカ)

実にアメリカ的チョコレートかもしれません。と言っても

それほどアメリカのチョコレートを知っているわけではありませんが、

ヨーロッパの繊細な味と言うより、もっと気軽に食べようよ、

そんな感じのチョコレートでした。それはそれで美味しく頂きました。

いろんなチョコレートがあって、いろんな楽しみ方があって、

それぞれに好みがあって、これこそハッピーチョコレートですよね。

 

 

 

 


コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< June 2020 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM