生姜糖

密かなブームになっているのが「生姜」。
(密かではない、ちゃんとブームになっているかもしれませんが)
体を温める効果があると注目の素材です。
なかなかメインになることは無いですが、
薬味に、臭い消しに、隠し味にと
その活躍の場は多いような気がします。

連れ合いの妹が姉のためにと持ってきてくれた「生姜糖」。
知らぬ間に一人で殆ど食べてしまっていました。
冷え性でもないのに、何となく手が出てしまいます。
そんなに沢山はいらないけど、気がつくとなくなっています。

「生姜糖」の歴史をちょっと調べると
伊勢神宮の御供えとして、出てきます。
伊勢神宮のお土産として、日持ちもするのでみんな買っていったのでしょう。
伊勢参りは、今で言う「世界旅行」のようなものだったのかもしれません。
一生のうち一度でも行ければ幸せ、だからみんなの分も代表でお祈りする
(だから餞別もちゃんと渡して)大切な行事だったのでしょう。
行きは大変だが、帰りはもっと大変。きっと生姜を食べながら、お腹の調子を
整えて長旅を乗り切ったのではないでしょうか。
昔から伝わっている事って、理にかなっていることが結構多いと思っています。
冬も夏も、和も洋も、色々使われている生姜、結構楽しんでいます。





関連する記事
コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< April 2020 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM