オギノパンのオランダブール

新宿高島屋で買い物を済ませ、駅に向かう途中

NEWoManの通路で催事コーナーがあり、

そこで売られていたのが相模原市の「オギノパン」でした。

その中で目に止まったのが、ゴマとピーナツクリームの

「オランダブール」でした。もうそれだけでそそられていまいました。

帰ってから頂いても間違いない美味しさでした。

半分売りだったのですが、丸ごと食べたい、とふと思った次第です。

半分でも大きいのだから、と注意されそうですが。

買った後で見つけた丹沢あんパンが美味しそうだったのですが、

ぐっと我慢して、次の機会に巡り会ったらということにしました。


あんぱん

ずっと作ってみたかったのが「あんぱん」でした。

今、色々作ってみようという気持ちが高まっているので、

その勢いのまま「あんぱん」にトライしてみました。

 

まだまだ維新の混乱時期にあった明治二年、木村屋總本店の

前身であるパン屋が今の新橋駅近くに誕生しています。

そして明治七年に酒種酵母で作られたあんパンが売り出され

大評判をとったとのこと。

(当時ホップ種を使ったパンも出始めていたようです。

それを日本人好みに酒種を使い、饅頭のように餡をいれたのが

木村屋のアイディアでした)

木村屋のあんパンは真ん中に桜の塩漬けが入っていますが、

初めから受け継がれているのです。絶妙な塩梅が(桜ですが)

凄いと思います。

<銀座木村屋あんパン物語・大山真人著・平凡社出版を参照>

 

もちろん私はドライイースト菌を使い、材料を混ぜひたすら

捏ねていきました。じっくり発酵させ、捏ねてまた寝かせる。

包餡しさらにたっぷり寝かせてから焼き上げました。

少しパンが重めでしたが、なかなか美味しく出来たかも・・?

 

 

 

 


干しブドウ入り蒸しパン

先日作った干しブドウを何に使おうかと、

随分迷ったのですが結局「蒸しパン」になりました。

最高級干しブドウを贅沢に使った極上の一品・・・。

(どこまで自惚れが強いのか!)

大袈裟に書きましたが、それなりに美味しく頂きました。

ご報告まで。(誰も求めていない・・・とは思いましたが)


贅沢あんぱん

「あの人が美味しいと言っているお店なら行ってみよう」と

思ってしまうタイプです。味の好みの近い人とは、

段々と近寄っていく感じになり、色々と情報交換するように

なっていきます。

今回は一緒に笛を習っているメンバーから教えて頂いた

表参道にあるパン屋「ANTIQUE=アンティーク」、ここの

チーズパンでした。濃厚なチーズの味わいにモーニングタイムが

いつもよりほんの少しリッチな感じになりました。

(スミマセン、写真を撮り忘れてしまいました)

 

他のパンを色々と物色していたら、これは買わずにいられないという

パンがあったのです。「あんこ中毒な太っちょ王様の 贅沢バターあんパン

芳醇バター仕立て」

これはそそられますよね。きっと・・たぶん・・もしかしたら・・。

丁寧に仕上げられた漉し餡にバターの風味が加わって、美味しく頂きました。

でも気を付けないと自分も「太っちょ王様」の体型になってしまうかもと、

イラストを見ながら腰を左右に捻ってしまいました。

 

 


えびすぱん

コッペパンの静かなブームです。

と言っても昔から途切れることなく、続いてきた定番です。

それでもひとつの流れとして、岩手・盛岡に福田パンという

コッペパンの有名なお店があり(残念ながら行けてないのですが)、

その味に惚れ込み修行した吉田パンが亀有に誕生して、少しずつ

専門店が広がってきたような気がしています。

(吉田パンには訪れて、このブログにも掲載しました。2015.6.10)

 

恵比寿に出来た「えぶすぱん」というお店に出掛けてきました。

吉田パンのように中身の希望を言うスタイルではないのですが、

少し小ぶりのコッペパンで美味しそうな具が色々詰まっています。

今回はえびすこっぺ(玉子)とサーモン&アボカド、あん&マスカルポーネ。

味付けがしっかりしていて、どれも美味しかった。

それにコーヒー100円というのも嬉しいではありませんか。

連れ合いと半分ずつ頂いたのですが、次に来た若い女性は一人で3つ。

でも確かに3つくらいはペロッといけそうでした。

恵比寿には定期的に来るので、また訪れることにします。


ブーランジュリーシマのカレーパン

カレーパンって時々無性に食べたくなります。

あんパン同様個人的にカレーパンのストライクゾーンは

かなり広いと思っています。

「これはまずくて食べられない」カレーパンにほとんど

出会ったこと無いかも知れません。

今カレーがまた注目されていることもあり

(カレーはもう定番食と言っていいくらいで、

メディアの方でネタが足りなくなるとカレーを取り上げる、

するとまた動き出す、そんな感じさえ受け取れます。

とにかくカレーって、凄い)

カレーパンも色々紹介されています。

今放送中の「NHK 趣味どきっ カレーの世界」という番組を

毎週楽しみにみているのですが、その中で三軒茶屋の「ブーランジュリーシマ」

の揚げたてカレーパンが取り上げられていました。

(当然ながら番組内では店名は挙げられていませんでしたが)

多くのパン屋でカレーパンを扱っていると思われますが、

なかなか揚げたてを食べられる店はないので、とても興味が沸きました。

三軒茶屋から歩いて15分と書かれていましたが、当日はとても暑い日で

渋谷からバスで行くことにしました。

こじまりとしたお店でしたが、街に溶け込んだ親しみやすい印象でした。

さっそくカレーパンを注文すると、それから揚げて頂けます。

他のパンを買い、お店の外に設けられたテーブルでしばらく待っていると

カレーパンがやって来ました。熱々をその場で頂きました。

サクッとした食感に、チキンカレーのスパイシーな味わいが広がります。

美味しかった。急に他のカレーパンも食べたくなった程です。


あんコッペ

今コッペパンのブームで、そそられるコッペパンが

色々出て来ています。

以前から気になっていたのに、なかなか機会に恵まれなかったのが、

「TORAYA CAFE/AN STAND」の「あんコッペ」でした。

新宿へ出たついでに、今回はそれを目指していくことに。

コーヒーと一緒に「あんコッペ」を頼み、店内の席で頂くことに

しました。しばらくするとトレーに上品に乗せられた、少し小ぶりの

「あんコッペ」が出て来ました。

「とらや」ですもの、滑らかな漉し餡とクリームチーズのバランスも流石で、

美味しく頂きました。

それでも個人的な「もう一度食べたいリスト」には今回入りませんでした。

税込432円ということもあるかもしれません(ケチですね)。

元々このテイストは大好きなんです。コンビニなどで売られている108円の

あんマーガリンのコッペパンが時々無性に食べたくなるくらいですから。

きっとガツガツいきたんですね、コッペパンは(あくまで個人的な意見です)。

それでも「とらや」の新しい挑戦をこれからも楽しみにしていきたいと思います。

こんど氷を食べにいこうかな(出来れば冷房のかかっていない暑いところで食べたい)。

 


長野・牛乳パン

長野県の「牛乳パン」のことはほとんど知りませんでした。

ある雑誌を見ていたら「牛乳パン」が掲載されていて、

しかも実に沢山のお店から売り出されていてびっくり。

「これはどんなパンなのか」と気に留めておいたのですが、

先日銀座にある長野物産館に立ち寄ったところ、「牛乳パン」が

売られていて思わず買ってしまいました。

(後でネットを確認すると、3月には牛乳パンを一堂に会した企画が

あったようです。その時なら色々食べ比べることが出来たのに。残念)

 

今回は「小林製菓舗」の牛乳パンを頂きました。

フワフワのパンでミルククリームをサンドした、何とも懐かしい味わい

のするパンでした。多分初めて食べたと思うのですが、どこかで食べたかな?

と思わせます。間違いなく故郷の味なんでしょうね。

(私の羊羹パンみたいなものでしょうか)

 

 


ラ・テールのドーナッツ

吉祥寺駅で朝食用のパンを買おうと、ラ・テールに寄りました。

連れ合いが精算している間、ふと店頭のケースを見ると

美味しそうなドーナツが並んでいるのに気がついてしまいました。

あれも美味しそう、これも面白いと見ていたら横から「買いますか」と・・。

ピーナッツきなこと小豆のドーナッツをお願いしました。

 

一時期の何十分も並ぶブームは去りましたが、その後も各コンビニなどが

力を入れたりして新商品がどんどん出て来ています。

ドーナッツはきっと好きなんです。でも余り食べていないなあという感じです。

個人的には代々木上原駅近くにあるハリッツという小さなお店のドーナッツが

好きなんですが、立ち寄る頻度は少ないかも知れません。

思い出しましたスターバックスのシュガードーナッツは唯一定期的に食べています。

(スターバックスで他のサンドやケーキ類に手が出ないのが理由です。

あくまで個人的な感想で申し訳ありません)

 

忘れるところでした。私にはパン屋さんのあんドーナツがあるではないですか。

ちょっと小腹に入れるなら、やっぱりあんドーナツ(か、あんパン)ですよね。

結局、ラ・テールのドーナツ(小豆)に戻ってきてしまいました。

どちらも美味しく頂きました。

その他豆乳クリーム・玄米プレーン・ひよこ豆カレーなど

気になるアイテムがいっぱいです。

 

 

 


八雲むしぱん

日本人は蒸しものが好き、と書きましたが

単品のお饅頭屋さんを除いて、蒸し菓子専門店というのは

それ程多くありません。その可能性をずっと信じているんですが。

 

東京目黒区八雲にある「八雲むしぱん」というお店に行ってきました。

蒸しパンと蒸しドーナツをメインに扱っているお店です。

午後に行ったので、もう商品は少なめでしたが、

安納芋とココナッツの蒸しパンを買ってみました。

帰ってから頂くと、米粉が入っている感じのとても

もっちりとした食感でした。

若い女性が運営していると思われる可愛らしいお店でしたが、

蒸しパンならもっと雑でもいいのかなとちょっと思いました。

(あくまで可愛いお店には入りにくい、おじさんの意見です)

 



calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< March 2020 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM