伊勢屋の丁稚羊羹

関西を中心にいくつかの「丁稚羊羹」と呼ばれる商品があります。

その名前の由来にもそれぞれでとても面白く思っています。

給金をそれ程もらえない丁稚さんでも買える羊羹、とか

丁稚さんが間違えて薄く作ってしまった羊羹、とか

まだ一人前になれない丁稚さんのような半端な羊羹、とか

丁稚さんが里に帰るとき日持ちがするよう竹皮にくるんだ蒸し羊羹、とか

「出汁」「でっじる」などの言葉が転じて丁稚になった羊羹、とか。

鎌倉時代に端を発する「羊羹」は、粉を加える蒸し羊羹でした。

寒天が作られるようになり、江戸時代には練り羊羹が大流行します。

それでも高級菓子であることに間違いはなく、今で言う水羊羹風の

少し水分を多くした少し安価な羊羹が楽しまれていました。

勿論現在では水羊羹としての価値が見いだされて、上質の商品が

沢山見受けられます。

前置きが長くなりましたが、先輩が贈ってくれた今回のお土産は

福井県伊勢屋の「丁稚羊羹」。冬に食べられる水羊羹タイプです。

口当たり滑らかで、スーと溶けていくような味わいでした。

夏に食べても美味しいのでしょうが、冬に部屋を暖かくして

ちょっと冷やした水羊羹を食べるのも乙なのかもしれませんね。

(伊勢屋の丁稚羊羹の名前の由来は、里帰りした丁稚さんの親が

店のご主人へのお土産として持たせた羊羹が余りに美味しかったので、

いつのまにか丁稚羊羹と呼ばれるようになった、との事)

 

 


石鍋商店の栗蒸し羊羹

前回に続いて石鍋商店のお菓子をご紹介いたします。

頂いたメールに「酒まんじゅう」を作られているとのことでしたので、

楽しみにしていたのですが、早い時間に売り切れたそうです。

そこでもう一つ気になったのが「栗蒸し羊羹・狐火の街」です。

「わがしどき vol.1」の中で掲載した、静岡伊東・伊豆柏屋の「栗蒸し羊羹」の

記事を興味深く読んで頂いたようです。

味わいは素材の風味が活きていて(栗もたっぷり入っていて)、

尚かつ口当たりがさっぱりとしてる栗蒸し羊羹でした。

このところ良い(個人的に好みの)蒸し羊羹と出会っているなあ、と感じています。

まだまだ勉強不足です。


月よみ山路

一緒に篠笛を習っている和菓子好きのメンバーから、

石川県小松市の松葉屋「月よみ山路」という栗蒸し羊羹を頂きました。

「わがしどき vol.1」の中で「竹皮を使った栗蒸し羊羹」を取り上げたことから、

「これも美味しいから食べてみて」ということで。

1852年創業。初代が羊羹を売り出したことから、その長い歴史が始まります。

この栗蒸し羊羹も一時途絶えていた時期もあったようですが、

古い資料を基に再現されてから40年以上経ち地域を代表する銘菓となっています。

 

一口食べてみると何ともさっぱりとした、後味のスッキリとした蒸し羊羹でした。

栗が丸ごとたっぷりはいっているのですが、その栗もまったく雑味がなく

羊羹とのバランスがとても良い逸品です。

初めて食べた(たぶん)羊羹でしたが、まだまだ知らない良質のお菓子が

沢山あることを思い知らされる瞬間でもあります。


一口 富士山羊かん

年末にいつも先輩が送ってくれる沢山の柚子。

これがかなり重宝しています。柚子好きとしては、

部屋が柚子の香りに包まれるだけで幸せな気分になってきます。

それと一緒に入っていたのが(株)ほさかの「富士山羊かん」でした。

「故郷のお土産」という感じなのですが、これもやっぱり

嬉しいものです。

箱を開けると、何と富士山が連なっていました。

生産者のアイディアが効いたパッケージデザインだと思います。

さっそく一つ頂くと、これが思いの外あっさりとした味わいでした。

そう最近のお土産は、健康志向もあるのか甘さ控え目という商品が

多くなってきているという感じがしています。

それにしても富士山とミッキーマウスはやっぱり凄いなと思います。

台形の形になっているだけで(特に狭い方が白くなっていれば)、

間違いなく富士山をイメージするし、○三つ合わされば何となく

ミッキーマウスに見えてきます。(私だけ?)


夏たろう

他にも夏の定番があります。全て頂き物ですが。

金沢たろうの夏菓子です。でも今年はちょっとびっくり。

今までのデザインイメージとは異なる、子供のイラストが入った

可愛いパッケージでした。ほのぼのとした感じが伝わってきます。

でも中身はちゃんと大人の味わいです。

「夏たろう霧のカフェオレ」「夏たろう雨のチョコ」

このお店には「チョコレート羊羹」という銘品がありますが、

その夏バージョンのようなお菓子です。これが美味しかった!!!

最初に口へ運ぶとコーヒーやチョコの味わいが広がるのですが、

喉ごしは滑らかで水羊羹のような(そう言うとむしろ誤解が

生まれるかもしれません)口当たりで、何とも不思議な夏菓子です。

 


うすくち柚子羊羹

銀座三越の菓遊庵をブラブラしていると、

(銀座の高級ブランドをブラブラ見て回ったことは

これまで一度もないのですが)

あれも食べたいこれも食べたいという欲求を抑えるのが

とても難しくなってきます。だから今回は一品だけにしました。

柚子好きにとっては、何とも興味深い商品でした。

石川県加賀市・山中石川屋の「うすくち柚子羊羹」。

白餡ベースにシロップ漬けされた柚子が入り、アクセントに

なっていました。柚子の香りは何故こうも我が嗜好を刺激するのか・・。

暮れに先輩が贈ってくれた「柚子」も大切に使わせて貰っています。

主役にはなかなかなれないけど、無くては困る重要な脇役なんです。


久保田の水羊かん

福井の名物に冬の水羊羹があります。

そうなんです夏には食べられない水羊羹なんです。

販売期間としては11月から翌3月までなんですが、

急に食べたくなり先日表参道にある福井の物産館に出掛け買ってきました。

何種類も並んでいて迷うのですが、今回は「久保田の水羊かん」にしました。

黒糖を使っているのに、さっぱりしていて後味も本当に良いのです。

ちょっと温かくした部屋で頂けばさらに美味しい、はずです。

(ちゃんと食べ比べていないのですが、お店毎に味が微妙に異なっていて

地元の人はきっとご贔屓のお店があるんだろうな、と思います)

 

福井の冬の水羊羹に関しては以前にも書いたことがありますが、

冷蔵庫なんて無かった時代に、砂糖の分量が少ない水羊羹は日持ちが短く

冬にしか作られなかったと言います。

「丁稚羊羹」の名で売られている店もあり、丁稚さんが藪入りなどで実家に

帰るときに買う定番のお土産だったとのこと。(少し安価で丁稚さんが

買えるという意味も含まれている説もあるようです)

今で言う「水ようかん」は喉ごしが良く、上品なお菓子といったイメージに

なっています。「甘さ控えめ」がキーワードになったりする現代と違って、

甘さこそ重要とされた時代には、砂糖を控えた「水ようかん」はちょっと

物足りなかったのかもしれません。でもこのお菓子のバランスの良さを

きっとみんな感じていたのではないでしょうか。なぜなら今もちゃんと

売られ続けているのですから・・・。

 

 


ほぼ日・生活のおたのしみ展2

ほぼ日・生活のたのしみ展で目指したものが

もうひとつありました。

あの「とらや」がこの企画の為に拵えたお菓子です。

「光琳セット」

「燕子花図屏風」で有名な江戸時代の絵師・尾形光琳。

その光琳がパトロンであった中村内蔵助に贈ったという

記録が残っていて(それが凄いことだと思っています)、

それを基に今回300年の時を経て蘇りました。

羊羹製「色木の実(いろこのみ)」(1695年)、

くちなしと小豆で着色した生地で、

秋に色づいた木の実と葉を表しています。

蒸羊羹製「友千鳥」(1694年)、

そぼろ状にした餡に小豆の粒を混ぜ蒸したものと

思われ、小豆の粒が群れ飛ぶ千鳥に見立てています。

(いずれもとらやのサイトから)

 

その他、水戸光圀が友人の古希のお祝いに贈ったとされる

70匁(約260グラム)のお饅頭(福寿饅頭)も一緒に買い求めました。

今回一つのお菓子を通して歴史上の人物とつながることで

その人が実在したということを本やテレビで知る以上に、

実感できるような気がします。お菓子ってやっぱり凄い。


栗羊羹風

先日作った栗の甘露煮がまだ残っていたので、

栗羊羹を作ることにしました。

今回は漉し餡にしたいと思い、富沢商店に行き

さらしあんを買い水と砂糖を加え練り込みました。

(自家製餡を作るとき何度か漉し餡にチャレンジと思うのですが

粒餡派としてはやっぱりもったいなくて粒餡になってしまいます)

そして出来上がりは、栗羊羹の上に寒天層を乗せ上品に仕上げました・・。

と言いたいのですが、実は大失敗作になってしまいました。

練り方が足らず、また固まる前に型に入れてしまったため、餡と栗が

自重で下に沈んでしまい二層になってしまったのです。

次また挑戦してようと思っています。

でも食べたら、それはそれで美味しかったので写真をアップしました。

お菓子の歴史を見ると、失敗から生まれた傑作も沢山ありますし、

試行錯誤の末生まれた銘品もあります。だからお菓子は楽しいのです・・。

(精一杯自分を慰めております)


五勝手屋羊羹

郷里の先輩の全国の城廻りの旅はまだまだ続いております。

そしてその都度土地の銘菓を贈って頂き、一緒に旅している

気分に浸っています。このブログにアップすることで、

「次もお願いします」と催促しているようなものですが・・。

 

今回は函館です(私は行ったことがないのです。

昔ブルートレインに乗り夜明けに通り過ぎた記憶があるだけで、

五稜郭も百万ドルの夜景さえまだ夢の中だけなんです)

そして松前(北海道唯一の城下町なんだそうです。先輩の

受け売りで、知りませんでした。松前といえば松前漬けが

まず思い浮かべます。どんだけ食いしん坊なんだ)

先輩の旅は奥へ奥へと続いていきますが、お菓子のブログなので

私はここで留まるようにします。

 

先輩が送ってくれたのは「五勝手屋羊羹」。初めてでは無いのですが

味を忘れていたくらい久しぶりでした。五勝手屋本舗の本拠地は

追分が有名な江差です。以前は交易で栄えていた地域でもあります。

南部から木材などを扱う人々が移り住み(五花手組)、北の大地で

初めて豆の生育にも成功。お菓子にして松前藩公に献上したところ

大いに喜ばれ、五花手屋の名で始まったお店だと栞や手元の資料に

説明がありました。

金時豆で作られた羊羹は、とても優しい味わいです。

明治の初めに作られた羊羹ですが、初めからかなり完成度が高かった

のではないかと思われます。それがずっと変わらない、正に北海道を

代表する銘菓のひとつであることは間違い有りません。

丸い紙管に糸がついていて、それを一周回して羊羹をカットするように

工夫がされているのも嬉しいではありませんか。

 



calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
<< February 2020 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM