またはじまります

随分とご無沙汰してしまいました。

生きているということは、辛いことや悲しいことに

幾度もぶつかるものですね。

それでも、やっぱり美味しいお菓子を頬張れば、

ほんの少しだけ気持ちが軽くなる感じがします。

お菓子はいいものです。

だからまた美味しいお菓子をどんどん紹介していきたいと思っております。

特に町の小さな和菓子店がさらに厳しい状況にあるようです。

町から和菓子屋さんが消えたら本当に寂しいと考えているので、

その美味しさをどんどん伝えて行きます。

宜しくお願い申し上げます。今日はご挨拶まで。

 

久々に引越をしました。こんなに大変だったとは・・・。

でもお菓子を食べて、元気になりました。


富士山2019

2019年最初の富士山ブレイクです。

昨年暮れにとんぼ返りした際には、残念ながら富士山に

雲がかかっていてその姿を見ることが出来ませんでした。

テレビより友が送ってくれる写真が、故郷をより意識させてくれます。

(きっと富士山を見る位置・角度なんだと思います)

富士川・駿河湾・お茶・みかん・黒はんぺん・茹で落花生・桜エビ

しらす・・・・・などなど、静岡(富士市中心ですが)名物は

数々あれど、やはり富士山は別格なのかもしれません。

(個人的には食べ物も嬉しいのです。今回も茹で落花生を

山のように食べて帰ってきました)

 

写真は1月10日の富士山です。そしてもう2月、梅は咲き、早咲きの桜の蕾が

膨らんでいるのを代々木公園で見つけました。春はもう隣まで来ています。

 


台風一過の富士山

富士山ブレイクタイムです。

お馴染みとなっています友人が撮影した

9月末の台風が去った後の富士山ですが、

ゴミ一つ落ちていないような、スッキリとした姿に見えます。

それにしても、富士山はどこをどう切り取っても絵になりますね。

これから一気に雪化粧となっていくことでしょう。

あれほど暑かった夏も、体は少し忘れかけています。

 

街では秋の味覚が確実に広がっています。

美味しい秋を楽しまないと、直ぐに冬になってしまいます。

(そうなったら美味しい冬を食べるだけなのですが)

この夏は美味しいお饅頭を沢山食べたので、

新しいお菓子でも探してみることにします。

 

 


「わがしどき」

「わがしどき」が仕上がってきました。

特集としては蒸しまんじゅうを取り上げ、

とても美味しいお饅頭をご紹介しております。

包材からみた「竹皮羊羹」の魅力や、

気軽に始める抹茶のことなども書きました。

洋菓子についても一点だけ、ショートケーキを

「これはもう和の菓子」というタイトルで

書いています。

A5判、本文56ページの内容です。

定価850円(税込918円)+送料180円となっております。

まだ書店・通販などの販売はございませんので、

直接お申し込み頂ければ幸いです。

郵貯の振込用紙を同封いたします。

何卒宜しくお願い申し上げます。

ご用命は order@grandarche.net まで

 


本・「わがしどき」まもなく完成

今日は自費出版する本の宣伝をさせていただきます。

このところブログの更新が滞っておりましたが、

その間「わがしどき」という本の制作に掛かっておりました。

町の小さな和菓子店を取り上げ、普段使いの気取らないお菓子の

楽しさ美味しさを伝えようと思っています。

初回は(本がある程度売れたら、次の構想もあるのですがどうなりますか)

蒸し饅頭を特集し、芋・酒・小麦粉など種類別に商品を紹介しています。

その他、お菓子にまるわる落語、お茶の話、などを織り込んだ内容となっております。

もしご興味のある方はお読み頂ければ幸いです。

仕上がり次第、また告知させて頂きます。(10月12日頃仕上がる予定です)

宜しくお願い申し上げます。

 


五月富士

西の空の向こうに、ゆっくりと沈み行く太陽。

 

残る富士にその陽を移して・・・。

 

友人が送ってくれた5月の富士山の写真をみていると、

ずっとそこにいてくれることが有難いと思ってしまいます。


スーパームーン

今年はこのスーパームーンから始めることにしました。

故郷の友人が送ってくれた画像ですが、

東京でもきれいに輝いていました。いつもより、さらに・・。

1月2日の月はずっと記憶に残るものとなりました。

この一年がきっと穏やかでありますように。


冬の富士山

今年も足早に12月の扉が開いてしまいました。

こんな風に言うのはよそう、と思いながらもついつい

口に出てしまいます「時が経つのが早い」と。

だから今回はいつもの富士山ブレイクです。

友人がほぼ定点で撮り続けてくれた、ひと月で変わっていく

富士山の姿です。印象がどんどん変わっていきます。

のんびりとゆったりと、美味しいお菓子でもつまみながら

お楽しみ下さい。

10月23日のまだ雪のない富士山です

10月26日うっすら雪模様が表れました

11月19日随分下まで雪が降りてきています

11月20日荒れる日だってあります

11月24日寒さが本格的になってきました。

 

まるで自分が見ているように書いていますが、

友人のおかげでその気にさせて頂いております。

 


9月の富士山

仲秋の名月を愛で、冷たい雨が過ぎると一気に秋が深まっていきます。

だからここでちょっとブレイク。

前に友人が送ってくれた9月中旬の富士山をアップします。

写真は夏の名残の青い富士山ですが、もうそろそろ初冠雪の便りが

届く季節になってきました。

時の流れが早い・・(と言わないようにしよう)。

 

 


代々木公園の桜

今年の桜は少し長く私たちを楽しませてくれたように思います。

少し寒かったり、冷たい雨にさらされたりして、

パッと咲いてパッと散る感じではなかったのでしょうね。

朝公園を散歩したりすることも多いのですが、

この時期はいつもキョロキョロしながら進んでいきます。

咲き始めから(ソメイヨシノが)満開へ、

そして桜吹雪から葉桜へと、季節をちょっとだけ急ぎ足にさせる

そんな花ってやっぱり他に無いかもしれません。

 

この時期ネット上には数え切れないほどの桜の画像がアップされていると

思います。特に狙った写真でもありませんが、代々木公園の春を一枚

お届けします。

但し視線を少し下げると、この桜の向こうにはブルーシートに包まれた

ゴミの山がいくつも積み上げられています。

多くの人が毎朝清掃している横で、今日の宴会のために新しいブルーシートが

敷かれていきます。桜のある風景と、このゴミ・ブルーシートの風情の無さとの

ギャップがいつも少しだけ悲しい気持ちにさせます。

自分も含め一人一人が考えなくてはいけないことなんだと思います。

 

 

 



calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
<< February 2020 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM